スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

がんに狙い撃ち?のがん治療法

2304bff2fff3959c9c92410ebc4f748d_t.jpg

重粒子線がん治療

(じゅうりゅうしせんがんちりょう)

って、ご存じですか?


実は、がんにとても効果ある
夢のような治療法・・にも関わらず
担当医より紹介されない

といった話を聞きました。



現に、私の周辺にも
がんと闘っている方々がいますが

『聞いたことはあるけど・・・?』

と皆口をそろえて言うのです。


なぜなのでしょう?



一般的な放射線の治療法は

病巣に放射線をあてることで
がん細胞の増殖を抑えたり
破壊したりする治療で

エックス線やガンマ線などの
電磁波を用いたものです。



一方、重粒子線の治療法は

がんの位置や大きさ、形状に合わせて
炭素イオンを加速器狙いを絞って照射する
最先端の放射線治療法です。



それらの効果は、と言いますと



従来の 放射線治療 は

体の外からエックス線を照射するため
細胞を破壊する能力が一番強いのは
体の表面になります


そのため、エックス線を照射しても
体内にあるがん細胞を破壊するのに
十分な量の放射線を当てるのは困難です。



これに対して、重粒子線治療 は

体の内部に潜んでいるがんの病巣を
ピンポイントで狙い撃ちできるので
周囲にある正常な細胞へのダメージを
抑えられるといわれています。


効果が高い治療なのに副作用もなく
通院で治療が出来る
まさに夢のような治療法です。


ただし、
不規則に運動する胃や袋状・管状の臓器や
白血病のような全身に広がったがんや
広く転移したがんには適応は不向き、なのですが・・




ではではなぜ。
患者さんに紹介されにくいのでしょうか。




まず

重粒子線は保険適用が効かない自由診療
です。

治療費用は300万円以上と言われています。



さらに

国内で重粒子線治療が受けられる施設は
5か所しかありません


重粒子線等治療施設
はこちら



ですが、治療施設数においては
世界で一番多い国となっていて

治療患者数、治療成績の観点から
世界の最先端の施設であるといっても
過言ではありません。



なのに、なぜ自由診療なのでしょうか?


実は現段階では十分に安全性や有効性が
確認されているわけではないのです。


日本の医療制度では
安全性と有効性が確認されると
健康保険が適用されるのですが

重粒子線治療はその優位性を示す
データを集められなかったようです。


先進医療の導入から15年も経っているのですが
有効性を示す明確なデータがないまま
治療が進められてきた

ということになります。




とはいえ、愛するあなた自身が、家族が
がんで苦しむことになったら・・

藁にもすがりたい

誰もが思うことです。



過去、有名な方々にも
重粒子線治療を知らずに
その尊い命を落とした、
との資料もあります。



知らなかったから。
お金がなかったから。


助かるかもしれない命が
失われてしまうだなんて・・


がんと闘う元同僚が、叔母が、
放射線治療の効果が思わしくなく
『先進医療特約保険に入っておけば良かった』
と言っています。


先進医療特約保険


そうです。

重粒子線治療の費用負担には
民間保険の先進医療特約付き医療保険
で対応できるのです。


先進医療特約は、加入者が先進医療を受けた場合に
かかった費用を全額給付するというもの。


粒子線治療が先進医療になったのと同時期に
この商品も登場し
いまや生損保各社の主力商品になっているのです。


月200円にも満たない額で
2000万円の保障がつけられます。




保険をぜひ、見直してくださいね。




先進医療特約については
こちらも参考にしてくださいね

白内障の治療で老眼も治る?
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ナオシカ07

Author:ナオシカ07
自分の心に従って生きる事を決意し、27年勤めた公務員を退職。
大きな夢に向かってまっしぐら!!
興味深々、なんでもチャレンジしてみたい!
その行動力から得た経験など、気の向くままに綴っています。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ibsaエリア
絶対におススメ!
ランキングに参加しています
応援嬉しいです!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。