仮想通貨って?→知らないじゃすまされない⁉

仮想通貨

8b2dbe75b02522020afb96607ca94c48_t.jpeg

『仮想』 って言葉からして、危ない気がします。
色々問題にもなっていますし・・

なので私は避け続けてきました。


しかし、大手銀行も今後導入することを表明し
国債も仮想通貨にならざるを得ないそうな。

いつか消えるのではないかという
私の疑惑とは裏腹に、勢いは増すばかり。

今や国も仮想通貨を作る時代になっていくのです。

そんな近未来を考えると
いつまでも避けてばかりいられないかも・・・

 

と、そんな時に。

運命のごとく、友人から紹介されたのが
加藤将太さんの無料メルマガ でした。

もちろん、最初は抵抗感丸出しで
とりあえずチラっ・・見。


(。Д゚; 三 ;゚Д゚)
う~ん、なんか言葉が溢れてるし何が何だか・・


しかし、せっかくの善意なので
胡散臭いローンチであろう動画でも見るか~ »»»

なんて思いながら見てみたら。


なんとローンチ動画どころか
仮想通貨について、初心者向きにがっつり教えてくださいました
Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

あんなに抵抗感いっぱいだった私
むしろ前のめりに見入っておりました。。。
 


この加藤将太さんという方
色々すんごい経歴をお持ちではありますが(ほぼ省略。)


IQ148以上が所属する団体
MENSAのメンバーであり

もと進学塾の講師と言うこともあって
教え方上手~♡

そして幅広い! よくしゃべる(*゚ロ゚)!!!


仮想通貨がどのようにしてできたのか、
から、今後の予想まで
惜しげもなく、長時間のセミナー動画を全部公開していました。

無料なのに w( ̄o ̄)w


私でもよお~く理解できたので、
多くの人にも見てもらいたいのです。

だって、どんなすばらしい師匠についたとしても、
最終的には『自己責任』。 ですからねっ
自分を守るためには、ある程度学ぶ必要があるのです。


さて、話を戻しまして。
この方の無料メルマガ発行の目的はと言いますと

月額30,000円のスクール生の募集です。


ですが。  そもそも このお方。
仮想通貨(投資)の講師ではありません

起業家・経営者育成オンラインスクールの講師です。


しかも、誰でもウエルカム~♪
のスクールではなくて、

『次世代起業家育成セミナー』なる
50時間近い動画を視聴し、
その後の試験で合格点をとった人しか受け入れません。


なので。

その気のない方がお金をとられる心配は一切ありません。
無料メルマガに登録したからといって、
有料会員にされることはありえないのです。


それに、知り得たアドレスを売るような
ちまちました稼ぎは必要のない方です (断言!)


だから安心してください。

セミナーに呼ばれて、雰囲気で申し込みさせられたりもしません。



加藤将太 無料メルマガ申し込みフォーム



ちなみに、この 『次世代起業家育成セミナー』

動画を見た人、誰にでも
1万円をくれる という太っ腹さ!!
なのでついでにチャレンジしてみてはいかがですか?

他にも、外部企業に5,400円払って委託しているという
『起業センス測定』 というものまで、
無料診断受けさせてくれちゃいます。
試してみても良いかもしれませんね☆

私は受けましたよ~ (〃▽〃)


本当に、詐欺商材なんかではありませんので(笑)
仮想通貨について、ぜひ基本から学んでみてください♪



お気づきかもしれませんが、
仮想通貨の初級者編~上級者編までの
セミナー動画完全版と

次世代起業家育成セミナー動画
+スーパー魅力セミナーなるものの動画が

無料メルマガに登録するだけで見れてしまいます。

&1万円プレゼント(現金もしくは仮想通貨で)
起業センス測定(5400円相当)
オマケに抽選プレゼントなんかもついてます。
 


最後に、私からメールと動画の見方ですが b(’0’)d

本当に頭が良いなあ と思えるところでもあるのですが(汗)

文章めちゃくちゃ長いし、話に広がりが出てきて・・
難しい事を言い出したりします 。゚(゚^∀^゚)σ。゚


ですが、わからないところはスルーで全然オッケーですよ!

ちゃんと初心者向けに戻ってきて、
理解できる内容になっていますから。

文章も話も長いのは、繰り返しが多いからでもあります。
だから覚えやすいのですね。


もちろん、メルマガはいつでも解除できますよ。


きっと、仮想通貨がどのようにして出来たのかを知ったら、
ビットコインなんて買えなくなるかもしれませんね☆
おっと (*゚ェ゚*)



白内障になると老眼が治る?


『早く白内障になりたい』


f83b2e94ec7def47fb04e804217cbb9d_t.jpg


そう言っていたのは、保険のFPさんたち。


白内障の治療をすると、

老眼まで治るから

だと言うのです。



白内障は、早ければ40代から発症する人もいて


加齢性白内障の場合

40代では全体の約40%
50代で約65%
60代で約75%
70代では約85%

そして80代以上になると、ほぼ100%!



誰でも白内障になる

ということですね w(゚o゚)w



白内障とは

目の中にある水晶体が白く濁る病気で
加齢によるものがほとんどですが
外傷等が原因になることもあるそうです。

水晶体が白く濁ると、
視界が白っぽくかすんで見えたり
まぶしくて見えにくかったりします。



治療法はというと
濁った水晶体を

眼内レンズに置き換える

という手術が行われます。




一般的には

『単焦点眼内レンズ』

というものを置き換えるのですが


これだと遠くか近くのどちらかにしか
ピントが合わせず
術後にもメガネが必要になります。



しかし。

『多焦点眼内レンズ』

を使用した手術を行うと

遠くも近くも見えて、メガネが不要



になるというのです♪



まあ、視力の良い時とまったく同じ
・・までにはいかないようですが


それでも
白内障の多焦点眼内レンズ手術は
遠近両用眼内レンズであるため、

メガネ不要
老眼も、また乱視まで 
同時に改善される!



のだそうです。




はい。
ではではその治療費ですが。


一般的な 『単焦点眼内レンズ』 手術は
保険診療の範囲内ですが

『多焦点眼内レンズ』 手術は
保険診療適用外です。


両目で50万円くらいです。


ですが、こちら

先進医療特約利用可能

なのですよ~




皆さまは医療保険にちゃんと

先進医療特約

つけていらっしゃいますか?



がんに狙い撃ち!『重量粒子線』


でも書かせていただきましたが、


月額200円にもならない保険料で
2000万円の先進医療特約
ついちゃうんですよ!




この特約の支払い案件ナンバーワンが
白内障の多焦点眼内レンズ手術だそうです。


だから保険を勧めるFPさんは
当然医療保険に当然先進医療特約をつけていて、
この治療を受けるつもりでいる、

という訳なんですね~



ちなみに、私は保険の見直しで
2000万円の先進医療特約を付けたのに
医療費は安くなりましたよ (´ω`人)





皆様も、ちゃんと見直してくださいね~♪



認めたくないけど。
老眼進行中のナオシカでした  (´;ω;`)

がんに狙い撃ち?のがん治療法

2304bff2fff3959c9c92410ebc4f748d_t.jpg

重粒子線がん治療

(じゅうりゅうしせんがんちりょう)

って、ご存じですか?


実は、がんにとても効果ある
夢のような治療法・・にも関わらず
担当医より紹介されない

といった話を聞きました。



現に、私の周辺にも
がんと闘っている方々がいますが

『聞いたことはあるけど・・・?』

と皆口をそろえて言うのです。


なぜなのでしょう?



一般的な放射線の治療法は

病巣に放射線をあてることで
がん細胞の増殖を抑えたり
破壊したりする治療で

エックス線やガンマ線などの
電磁波を用いたものです。



一方、重粒子線の治療法は

がんの位置や大きさ、形状に合わせて
炭素イオンを加速器狙いを絞って照射する
最先端の放射線治療法です。



それらの効果は、と言いますと



従来の 放射線治療 は

体の外からエックス線を照射するため
細胞を破壊する能力が一番強いのは
体の表面になります


そのため、エックス線を照射しても
体内にあるがん細胞を破壊するのに
十分な量の放射線を当てるのは困難です。



これに対して、重粒子線治療 は

体の内部に潜んでいるがんの病巣を
ピンポイントで狙い撃ちできるので
周囲にある正常な細胞へのダメージを
抑えられるといわれています。


効果が高い治療なのに副作用もなく
通院で治療が出来る
まさに夢のような治療法です。


ただし、
不規則に運動する胃や袋状・管状の臓器や
白血病のような全身に広がったがんや
広く転移したがんには適応は不向き、なのですが・・




ではではなぜ。
患者さんに紹介されにくいのでしょうか。




まず

重粒子線は保険適用が効かない自由診療
です。

治療費用は300万円以上と言われています。



さらに

国内で重粒子線治療が受けられる施設は
5か所しかありません


重粒子線等治療施設
はこちら



ですが、治療施設数においては
世界で一番多い国となっていて

治療患者数、治療成績の観点から
世界の最先端の施設であるといっても
過言ではありません。



なのに、なぜ自由診療なのでしょうか?


実は現段階では十分に安全性や有効性が
確認されているわけではないのです。


日本の医療制度では
安全性と有効性が確認されると
健康保険が適用されるのですが

重粒子線治療はその優位性を示す
データを集められなかったようです。


先進医療の導入から15年も経っているのですが
有効性を示す明確なデータがないまま
治療が進められてきた

ということになります。




とはいえ、愛するあなた自身が、家族が
がんで苦しむことになったら・・

藁にもすがりたい

誰もが思うことです。



過去、有名な方々にも
重粒子線治療を知らずに
その尊い命を落とした、
との資料もあります。



知らなかったから。
お金がなかったから。


助かるかもしれない命が
失われてしまうだなんて・・


がんと闘う元同僚が、叔母が、
放射線治療の効果が思わしくなく
『先進医療特約保険に入っておけば良かった』
と言っています。


先進医療特約保険


そうです。

重粒子線治療の費用負担には
民間保険の先進医療特約付き医療保険
で対応できるのです。


先進医療特約は、加入者が先進医療を受けた場合に
かかった費用を全額給付するというもの。


粒子線治療が先進医療になったのと同時期に
この商品も登場し
いまや生損保各社の主力商品になっているのです。


月200円にも満たない額で
2000万円の保障がつけられます。




保険をぜひ、見直してくださいね。




先進医療特約については
こちらも参考にしてくださいね

白内障の治療で老眼も治る?

幸せのために→幸せにしたい!


よりたくさんの人を幸せにしたい

de77f06aa509eedded89661a907d8b53_t.jpg

偽善ではなく。

そう、思うのです。

なんでかなあ・・
数々の占いで、私は
『人の役に立ちたい』
のだと出てきます。
だから、・・これは抗えないのかな (´∀`*;)ゞ
私の宿命、なのかな
なんて思っています。

だって、誰かが幸せを感じてくれたら
私も幸せなんだもの。


それに気づけたのは、
半分ウツ、になったとき。
私は基本的にずっと幸せですが、
一時、仕事の事でうつ症状になりました。

でも、そのおかげで、『自分と向かい合う』
ということが出来たのです。

それまでは、自分が何をしたいのか
自分の気持ちがさっぱりわからなかったけど
それが私だから仕方ないと思っていました。

ですが、自分に向き合ってみると

まずは

自分を大切にしないといけない

という事に気づきました。

私は頑張ってる。充分頑張ってる。

だから認めてあげなきゃって。

自分を好きになり、そして大切にできると、
周りの人にも優しくなれる。

周りの人も皆頑張ってる。
だから、皆が幸せになって欲しい

そう強く思うようになりました。

私は頑張っている人が大好きです♡


illust3781_thumb.gif


色々思考を巡らせてみると
皆が幸せになるには
『金銭的な豊かさ』『時間的な余裕』
が必要なのだと思い至りました。

そこから初めて、心にゆとりができて
幸せになる為に生きる
そんな力が湧き上がる
そう思えたのです。

『幸せはお金じゃない。』
そうも言われます。

確かにお金がなくても、幸せ、と思えれば
幸せなのかもしれません。

ですが、本当でしょうか?

愛する人を幸せにできるのでしょうか?
心は豊かでいられるのでしょうか?


・・正直、なかなか難しいと思います。

私は安定した職業に就きました。
だからこそ、心にもゆとりがあったと思います。

しかし私の周りの人達は、、
親姉弟や、祖母や、親戚や、違う職業に就いた友人たち、、
苦労しています。
ガン治療に大金を要する人たちもいます。


何とかしてあげたいのです。

人は、もっと幸せに生きられるはずです。
もっと楽しい人生を送ることが出来るはずです。
もっともっと、望んでもいい筈です。

私はより多くの人に、その事を気づかせたい

大きな夢の実現に向けて
公務員を退職します。
公務員のままでは、なんの可能性も見いだせないから。

私を、家族を、親姉弟を、祖母を、親戚を、友人たちを、
そしてより多くの人々を

幸せに導きたいのです



宗教ではありません(笑)

プロフィール

ナオシカ07

Author:ナオシカ07
27年勤めた職場を退職し、大きな夢に向かってまっしぐら!!
専門学校と私立高校に通う二人の子ども、夫、義母の5人家族。
皆で幸せになるために。楽しみながら頑張る46歳の母です♪
ネットショップ始めました。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ibsaエリア
フリーエリア
ランキングに参加しています
応援嬉しいです!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる